2012.04.26 Thursday

春の響き

近所の電信柱に「あらまっ!」ヤマゲラ登場です。
繁殖期を迎えているせいか鳥声に敏感反応しています。
このキツツキ類を漢字で書くと「啄木鳥」。僕には石川啄木の印象が強いので
キツツキになんでこの漢字?と疑問だったりするのですが【啄】の字の
「豕」部分、一か所にじっと止まる意。そこに「口」を添えて一か所を口で突き当てる。
なるほどキツツキの動きですね。木を啄ばむ鳥=キツツキになる訳です。
今は家の周りで啄木鳥の縄張り主張のドラミングが何処かしこと鳴り響いております。
春ですなぁ〜♪

    2011.12.18 Sunday

森にする音

そろそろ積雪も良いかな?と思い、いつもの森へ。
1番で出迎えてくれたのはエゾリス。
でも何時になく鳴くので何だろう?と思ったら
近くにもエゾリスがいて威嚇なのか求愛なのか…興奮して鳴いてました。
どちらにしても僕にとっては心地良い音でしてしばし時間を忘れ聞いておりました。

    2011.09.02 Friday

台風12号

台風の影響がここ富良野にも来ました。
一部の地域が河川増水で避難勧告。
僕も空知川がこんなに氾濫したのを初めて見ますが
20メートルはある大木が流れ、大量の土砂が流れており
水の力強さを橋の上から興味深く見てました。
大きな被害がありませんように。
増水の空知川

    2011.03.25 Friday

この木!なんの木?

この木なんの木?と雑木を色々集めてみました。
まずは冬芽と樹皮と図鑑数冊とニラメッコ。
これだ!と分かったところでノコギリでギコギコ。

並べてみるとそれぞれ個性的な木断面が集まるものですね。
さてこれをお客さんとどう楽しもうか!と言うのが僕の課題。
提供@フラノ寶亭留さん。多謝!!
色んな木たち

    2011.03.18 Friday

相変わらず凄いです

フッと立ち寄った森の中
久し振りに新しいクマゲラの食痕(食べ跡)を見つけました。
相変わらず見事な穴を開け、と言うより穴を掘り
木に居るアリたちを食べる、食べる。
野生動物の生きる力強さを! そしてボクにはその野生の能力があるのかな?
と木に触れながら思うのでした。
クマゲラの食痕

ムネアカオオアリ達の巣だったようです。
ムネアカオオアリ

    2010.09.15 Wednesday

小さい秋

 ウッキーズも遅い夏休みを1日頂き山へ!
北海道で一番高い山「旭岳」
パワースポットしても有名なようで I need power! I got power!(笑)
旭岳

小さな秋も始まっておりました。
徐々に麓へそして川へ。
充電も完了したとこで秋の紅葉川下りも楽しみますよ〜♪

チングルマの綿毛

    2010.07.08 Thursday

瞬間への五感

川下りのスタート前ボートを運んでいると「オヤッ!」と
見つけたのは羽化したてのトンボ。
長い長い水中生活を終えて空へ飛び立つ時が来たのです!
こんなハッピーな瞬間に出会えるのは本当にラッキー。
自然には瞬間、瞬間にドラマチックな出来事が起きています。
ぜひっ!五感を研ぎ澄まして参加ください。
トンボの孵化

    2010.05.09 Sunday

ノルウォークde春を探しに

まだ咲かぬ桜にしびれを切らしので
ノルディックウォーキングで春を探しに行ってきました。
風は心地よくサクサクと軽快ノルウォーク♪
ナイスな足取りで調子よく体が動く動く!
がっ!


そこで見つけた!春。
エゾエンゴサク。僕には春を感じる花の1つ。
あたり一面が絨毯のように咲き誇ると小さな花でも圧巻です。
エゾエンゴサク/風邪のガーデン紹介

こちらも花も見ごろを迎えていましたカタクリ。
言わずと知れた片栗粉の原料。
この花の根っこ地下鱗茎から取れるんですよホントはねっ。
なんてことしてると歩くことも忘れ花に夢中になっておりました。
まっ、良いんですが…(笑)
カタクリの花

    2010.04.29 Thursday

冬の忘れ物

春になると地面や木の陰に冬の忘れ物が転がっています。
コレもその1つ。たくさんのクルミが1つの場所に集められ
どれを見ても丸い穴が開いています。
これエゾアカネズミの仕業なんです。
秋に落ちたクルミを1つ1つセッセとここへ持ち運び
雪が降り冬がやってくると時々、来ては殻を丸く開けて
クルミの実を食べるのです。
エゾアカネズミの貯食

地面に転がっていた忘れ物の1つにも
秋から冬、そして春の物語がギュッと詰まってるんですね。
クルミの食痕

    2010.04.22 Thursday

It's a グロテスク

コレなんだか分かります?
動物の頭骨なんですが…
大きい?小さい?…大きい
草食?肉食?…両方?
強い?弱い?…明らかに強い!!



これはヒグマの頭骨。
ある講習で触れる機会がありました。
牙を撫でては歯を触り顎を掴んでみたりと気軽にあれやこれやと
触っていましたが感想は「こんな牙で襲われたくない!!」に尽きます。
こんなの見たら「森のクマさん」なんて気軽に歌えません。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

書いた記事数:609
最後に更新した日:2016/07/13

search this site.

others

mobile

qrcode

produce by wokkys